マクゴガナル先生もお若いっ!!

ファンタビ2 『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生/FANTASTIC BEASTS: THE CRIMES OF GRINDELWALD』 (2018年 アメリカ)

前作で捕えらた黒い魔法使いのグリンデルバルド(ジョニー・デップ)が移送の途中で脱獄、イギリスに戻っていたニュート・スキャマンダー(エディ・レッドメイン)は恩師であるアルバス・ダンブルドア(ジュード・ロウ)に「黒い魔法使いを倒せるのは君だけだ」と告げられる。大きな使命に困惑しながらも、グリンデルバルドを追うニュート。と、そこへアメリカからティナの妹クイニー(アリソン・スドル)が恋人でノーマジ(人間)のジェイコブ(ダン・フォグラー)とやってくる。アメリカの魔法界の法律ではノーマジとの恋愛は固く禁じられており、発覚すればクイニーが処罰されてしまう。彼女の身を案じるジェイコブに業を煮やしたクイニーはクリーデンス(エズラ・ミラー)を追っているティナを探しにひとりで旅立ってしまう。
ファンタビ2

ニュートと残されたジェイコブはティナとクイニーに会うためポートキーを使ってパリへ。パリではグリンデルバルドが詭弁をもって着々と仲間を増やしつつあった。サーカス団の一員となっていたクリーデンスはそこで出会ったナギニ(キム・スヒョン)と共に、自らの出自を探し求めている。

ファンタビ2



ニュートが大事に写真を飾っていたかつての同級生、リタ・レストレンジ(ゾーイ・クラヴィッツ)は兄テセウス(カラム・ターナー)の婚約者となっていた。リタには誰にも言えない秘密があった。幼いころ、赤ん坊だった弟を見ず知らずの赤ん坊とすりかえたことを・・・。

なぜダンブルドア自身がグリンデルバルドを倒そうとしないのか。なぜニュートに依頼したのか。彼はかつてグリンデルバルドと「争わない」という決して破れぬ血の誓いをたてていた。そのためダンブルドアはニュートに黒い魔法使いを倒す使命を託したのだった。また、グリンデルバルドもダンブルドアに直接手を下せないため使命を託すべく人物を追っている。

ファンタビ2







ファンタビ1作目
そんなに話も難解じゃなくて
おおー!ハト脳ぷるるにも理解できるじゃーん!

なんて思ってたら

あらまぁ
だんだん小難しくなってきましたわよ~

そう、だんだんハリポタと話が繋がってきたよね~
うーん
ハト脳ぷるる、記憶に限界が・・・








後半、レストレンジ家の家系図が出てきたあたりから
ぷるるの脳みそ爆破寸前


クリーデンスはすりかわった子で
リタの弟は溺死???
ベラトリックスもたしかレストレンジよね?
親戚?それとも実は弟が生きててその子供?

で、あのクリーデンスをずっと見張ってた男性
彼は父親と血の誓いを立てて
弟がすり替わっていたことを知らずにクリーデンスを追ってたってこと?

ぐるぐるぐるぐる

ファンタビ2


グリンデルバルドの巧みな詭弁
いるよね
こういう人
クイニーみたいに現実に不満がある人の心につけこむのがうまい人
よく考えたら根本的なものが間違ってるのに
きっとこの先クリーデンスが彼の手先になるんだろなー

ファンタビ2
前作から気になってたエズラ・ミラー
彼目当てにジャスティスリーグ見ちゃったよ


で!

なんなん?
ダンブルドア先生とグリンデルバルドは!?
いわゆる
そういう
いやん(/ω\)

関係なわけ??????!!!!!!!

ファンタビ2

うーむ
よく考えたら
グリンデルバルドの人間蔑視(差別)とか、彼とダンブルドアとの同性愛とかこの映画のテーマが重いのかも・・・
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ぷるる

妄想爆走乙女☆自己満ブログ
ドラマや映画の忘備録

記事&コメント

今日は何日?

06 ≪│2019/07│≫ 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内検索